フォローする !


MUSEKAI :


LA JAPONAISE :


LA CORÉENNE :

【スポーツ/日本】強力なサポーター

福岡では、Covid-19の制限によりスタジアムがファンから空になり、日本の野球チーム「Fukuoka Softbank Hawks」は、この空白を埋めるという非常に独創的なアイデアを持っていました。ロボットです。 「楽天イーグルス」と対戦する前は、無生物のスタンドではなく、20以上のロボットがチームのアンセムで踊っていました。

ソフトバンクの非常に有名な人型ロボット「ペッパー」と他の4本足の犬のようなロボットを含む2種類のロボットが存在していました。ロボットは通常、ゲームの前にホークスのファンが演じる振付ダンスのリズムに踏みつけ、ぎくしゃくしました。

数人のロボットがホークスの帽子をかぶってチームの旗を振った。ファンの反応は、ソーシャルネットワークに登場することで長くはありませんでした:「それはディストピアのように見えます」、「信じられないほど」!!!!

ロボットの励ましによって後押しされたホークスは、2019年のリーグタイトルを守ることを望んでいるため、4対3で勝利しました。パンデミックの影響でシーズンは3ヶ月遅れて始まり、今のところファンはいない。受け入れられます。ただし、ファンはすぐに野球とサッカースタジアムに戻ることが許可され、5,000人の制限があります。

エイドリアンW
ムセカイ特派員

MUSEKAI

MUSEKAIは、パリに拠点を置くエンターテイメントおよびマルチドメイン企業であり、アジア、特に南部からの日本と韓国への情熱を持って、イベント組織、オーディオビジュアル制作、文化交流、事業開発を展開しています。