フォローする !


MUSEKAI :


LA JAPONAISE :


LA CORÉENNE :

武田康弘

アニメ

大阪府忠岡市生まれの武田康弘氏は、現在ガイナックスウエスト社長、福島ガイナックス副社長を務めるスタジオガイナックスの創設者です。

彼は1976年に原子力研究所の近畿大学に戻り、サイエンスフィクションに情熱を傾けました。関西学生連盟のサイエンスフィクションクラブを創設。これにより、1978年に多くの人々と出会い、最初の大会である瀬戸コンを組織することができました。

1981年、彼は大阪で行われた日本全国SF大会の第3版であるダイコン3大会を大阪で開催することで繰り返し述べた。この機会に、彼はイベントの冒頭でダイコン3の短編映画の放送を主催者のグループに依頼しました。大会は成功し、2か月後の1981年10月、武田は研究を断念しました。

1982年、武田と岡田はSF製品を専門とする会社General Productsを設立し、その売り上げは最近のスタジオDaicon Filmの資金調達に使用されています。これにより、特に1983年のダイコン4コンベンションへの資金提供と組織化が可能になります。また、オープニングの新しい短編映画を作る機会でもあります。ダイコン4。ジェネラルプロダクツは、1985年の最初のワンダーフェスティバルの実施にも参加しました。

武田康弘はまた、パロディシリーズ 『怪奇なのてんき』の主役を務めるほか、短編映画 『帰ってきたウルトラマンマットアロー1-gōハッシンメイレイ』のキャプテンも務めている。

ダイコンフィルムのメンバーとともに、1984年にガイナックススタジオを設立。特に第27回全国SF大会、群馬でのMiG-CONの会長。彼は1987年に東京に向かい、ガイナックススタジオに加わり、ゼネラルプロダクツを引っ越しました。後者は1990年にようやくアニメーションスタジオと統合され、その時点で同社はCyber​​ Comicという雑誌を制作しました。

2001年、武田康弘氏は再び第40回日本SF連盟SF2001の会長を務めた。 2002年、彼は自伝「The Notenki Memoirs:Studio Gainax and the Men Who Created Evangelion」を出版し、主に大学時代、SF大会への関与、彼に与えられた経歴に焦点を当てています。

フィルモグラフィー

プロデューサー:

  • 1981:ダイコン3
  • 1982-1988:開結ろうてんき
  • 1983:ダイコン4
  • 1988:ガンバスター-プロダクションマネージャー
  • 2004:ダイバスター
  • 2007:天元突破グレンラガン
  • 2008:鹿羽姫:あか
  • 2009:Mahoromatic:私は家にいます!
  • 2010:はなまる幼稚園
  • 2010:Panty and Stocking with Garterbelt-エグゼクティブプロデューサー
  • 2011:ダンタリアンの神秘的なアーカイブ

企画:

  • 2008:鹿羽姫:あか
  • 2009:鹿羽姫:クロ
  • 2012:めだかボックス異常

俳優:

  • 1982-1988:開結ろうてんき-早川健/のてんき
  • 1985:帰ってきたウルトラマンマットアロー1号八神明レイ-キャプテン

その他の:

  • 2009:サマーウォーズ-特別感謝
  • 2013:Stella Women’s Academy、High School Division ClassC³-アニメーションスーパーバイザー
MUSEKAI

MUSEKAIは、パリに拠点を置くエンターテイメントおよびマルチドメイン企業であり、アジア、特に南部からの日本と韓国への情熱を持って、イベント組織、オーディオビジュアル制作、文化交流、事業開発を展開しています。